2011年08月13日

飾りカーテン

耳慣れない言葉ですが、
飾りカーテンとは窓の端に寄せた状態で
閉じないカーテン

先日雑誌のインテリアに関するページで見つけました。

開口部の大きい日本の窓は面積いっぱいに
カーテンを仕立てると高額になってしまうので
閉じないで両脇に寄せておく飾りカーテン
いわゆる見せかけのカーテンのおすすめでした。

そういえばお客様のなかに
夜は雨戸を閉じるのでドレープカーテンは
めったに使用せず、端にずっと閉じた状態です
という方が少なからずおいでになりました。

かといってドレープカーテンがないと
なんとなく間がぬけた感じに

住宅展示場のモデルハウスのカーテンは
ほとんど飾りカーテンだったのを思い出し
これもアイデアだと感心しました。

これなら面積も少ないので価格も抑えられ

思い切って高額なファブリックで
飾りカーテンもいいですね。

ショールーム y



posted by デコ at 13:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/220032700

この記事へのトラックバック
世界のオーダーカーテン デコワークス
デコワークス アクセスマップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。